カルフールのポケモン徒然日記

ダブル構築記事が中心。偶にシングル。日本語とフランス語でポケモンプレイ中

PJCS模擬戦に参加とその反省 サブロム編

こちらはサブロム編

機能の記事の続きです。

設定言語の関係でフランス語になっておりますが、ご了承ください。

f:id:carrefourpokemon:20180507171858p:plain

ギルガルド@ゴーストZ シャドーボール ラスターカノン キングシールド ワイドガード 冷静HC252

この手持ちのエースといってもよいポケモン。当初は弱点保険を持たせておりましたが、弱点を突かれると一発で倒されることが多かったので、火力重視でゴーストZを持たせました。

 

ブラッキーゴツゴツメット バークアウト イカサマ 月の光 あくび 

わんぱく HB252

相手の悪技とゴースト技の一貫性を切るために投入しました。

こちらのポケモンは耐久低めの子が多かったので、バークアウトは非常に役に立ちました。

シャンデラ@きあいのたすき 熱風 シャドーボール 守る トリックルーム

ひかえめ HC252

ダブルで多いメガリザードンYや、おいかぜ要員に対処するために思いついた策がこれ。シャンデラはS80で実数値101なので相手の上から挑発を打つのが難しいのと、猫だましが無効なので、いっそのことトリルを入れてしまえと考えました。

シャンデラでトリルは意外らしく、基本的に警戒されることはありませんでした。


メガルカリオルカリオナイト ラスターカノン きあいだま めざパ氷 守る

むじゃきCS252

物理型でもよかったのですが、威嚇が蔓延する中で火力ダウンが目に見えていたので特殊型を投入しました。めざパ氷はボーマンダランドロスを仮想的においております。


カプ・レヒレ@マゴのみ マジカルシャイン 濁流 挑発 守る

ずぶといHB252

もともとは挑発の代わりに冥想を入れておりましたが、相手の補助技対策、とくにワイドガードを使われると全ての攻撃技が無効になるので、火力よりも安定性重視で挑発にしました。


カプ・ブルルこだわりスカーフ ウッドハンマー ウッドボーン 岩雪崩 馬鹿力

陽気AS252

私のPTは基本的に雨パに弱かったので、雨パに強い草アタッカーとしてカプ・ブルルを選びました。基本的に上から攻めたいと思ったので、陽気最速の子を投入しました。

 

<基本選出>

先発 シャンデラ、カプレヒレ

裏 ギルガルドorルカリオ ブラッキー

シャンデラカプ・レヒレは基本

 

・相手にガオガエンが居る場合、ガオガエン+S操作要員で出す人が殆どですので、その場合は、シャンデラカプ・レヒレを投入し、

シャンデラトリックルーム カプレヒレ守る

で次のターン シャンデラとレヒレで上から相手を殴ります。

クレセリアリザードンYの場合、リザY追い風 クレセリア守るor凍える風 の組み合わせが大半なので、トリルがよく刺さります。

あいてに水タイプがいる場合はブルル、鋼や岩が居る場合はメガルカリオを投入しました。ただ、ガオガエンに弱点を突かれるポケモンが4体いるので、ガオガエン早期に処理する立ち回りが必要でした。

相手にめげゲンガーなどゴーストタイプがいる場合はブラッキーを投入する、など

相手のタイプに応じて基本的にはPTを変えております。

ガオガエンはSが微妙なので、トリル下でも先手を取られることがあり、守るをうまく駆使して攻撃をやり過ごす必要がありました。